ウサブログ

ウサブログ

現役教師が教員採用試験や小学校教員資格認定試験、オンライン家庭教師や数学教育のことについてまとめるブログ。

オンライン家庭教師manaboのチューター登録してみた。

 7月4日にオンライン家庭教師manaboのチューターに登録してみたので、レポートします。

 

 

オンライン家庭教師 manabo とは?

 スマホアプリを通して行うオンライン家庭教師です。パソコンやタブレットの家庭教師はよくありますが、スマホアプリを通しての形式はなかなか珍しいと思います。

 生徒はスマホにアプリをインストールすれば、最初は60分無料でお試しができます。わからない問題をスマホで撮って、アップロードすれば、分単位でチューターが教えてくれるという便利なシステムです。

 チューターはパソコン+ヘッドセットがあれば指導可能で、できればペンタブがあると良いと思います。私はわざわざ購入しました。

 

 ヘッドセットは耳にかけるタイプを使用していましたが、長時間使用すると耳が痛くなるのでこちらを買いました。快適です。コスパいい。

 

Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミングヘッドセット Dolby 7.1 Windows対応

Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミングヘッドセット Dolby 7.1 Windows対応

 

 

 

 これ、すごく良いです。指導の効率が上がりました。最高!

 チューターは指定の難関大学出身者なら応募することができます。(という謳い文句でしたが、指導希望者であればだいたい誰でも受け入れているようです)

manabo.com

 登録までは割とスムーズで、筆記試験などはありません。マナボの理念などの試験はありますが、普通の人ならできると思います。


   

マナボのチューターは稼げるのか?!

 マナボは分給です。また、チューターには未公認チューターと公認チューターがあり、公認チューターの方が分給が高いです。公認チューターになるには指導品質テストの受験が必須です。

 稼げるか、稼げないかで言えば、「暇なら稼げる」と思います。時給換算すると未公認なのに1000円くらいです。1回あたりの指導にかかる時間が10分くらいなので、数をこなさないと稼げませんが…。数をこなすためには、高校数学の指導ができないといけないと思います。(質問の大半が高校数学・中学数学であるため)自分で問題を選べるのがこのチューターの良いところですが、当然解ける問題が多くないと報酬には繋がりません。ということで、高校数学教師の私は非常にラッキーなのです。笑

 わからない問題があっても、顔が見えないので、インターネットで調べながら指導できるのも良い点だと思います。でもまあ稼ぐのは結構大変ですよ。

 

 公認チューターになることができたら、またレポートしたいと思います。

 ちなみにマナボは報酬をプールすることができる(希望すれば報酬を受け取らないで貯めておいてもらうことができる)ので、職業訓練や失業保険の要件には差し障りありません。クラウドソーシングサイトと同じ仕組みですね。

 

 マナボの質問はチャート式の黄色の問題が多いので、元は取れると思いますから、黄チャートの1A2Bを中古で買っておくといいかもしれません。

 

改訂版チャート式解法と演習数学1+A

改訂版チャート式解法と演習数学1+A